サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル

▶ in - posted 2020.03.15 Sunday / 16:08 / Edit

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

我が家のWi-Fi環境は『au光+Apple AirMac Time Capsule(第4世代)』にて構築している。
ふとTime Capsuleとau光のホームゲートウェイとONUを繋いでいるLANケーブルを確認してみると「カテゴリ5とカテゴリ5e』という少々世代が古いものだったのでケーブルをサンワサプライのウルトラフラット カテゴリ7 LANケーブルに変えてみた。
LANケーブル変更前と変更後にそれぞれスペード計測をしてみたのだが、驚くほどのスピードアップの実現となった。

まずは変更前のカテゴリ5とカテゴリ5eのケーブル時の計測記録
カテゴリ5

次にカテゴリ7のケーブルに変更した後の計測記録
カテゴリ7

ダウンロードでは3倍、アップロードでは1.7倍の数字が出た。
比較

ほんの1M程度のLANケーブルが2本とはいえ、折角光回線でギガビットになっているのにLANケーブルがギガビットに対応していないと、そこがネックとなるようですね。

おすすめです。

近々、会社のLANケーブルも変える予定・・・(既に購入済み)

Comments

Comment Form





Trackbacks

Trackback URL : http://aizack.net/sb.cgi/100

PAGE TOP